死んだあとの手続き

死後の希望やそのための事務手続きなど。

自らの死後において生じる事務(家賃や地代その他医療費等の支払など)を処理してもらうことを委任する契約

身寄りがなく1人暮らしをしている年配の方や、家族親戚が遠方に居住している方は、自分の死後に生ずるさまざまなジム手続きについて不安になることもあるでしょう。そんな場合には、本人に代わって死後に発生するあらゆるジム手続きを代行してもらえるように死後事務委任契約公正証書を作成しておくことをおすすめします。

この公正証書に盛り込めるジム手続きの内容は、医療費などの支払いに関するもの、 家賃や地代・管理費等の支払いに関するもの、住居の敷金や保証金の支払いに関するもの、 老人ホームなど有料施設への支払いに関するもの、死後に執り行われるであろう通夜や告別式、それに伴う火葬や納骨、埋葬に関するもの、石建立に関するものなどさまざまなものがあります。
残された家族や親戚に供養の心配をかけたくない場合には永代供養について、財産分与に関して心配のある場合には相続財産管理人の選任申立手続などの処理も委任することができます。

さらには、自分の家にあった家財道具や生活用品の処分も行ってもらえるので家族に遺品整理やゴミ処理の心配をかけることもありません。行政官庁への手続きもプロの手によって滞りなく行ってもらえるので、難しい手続きや書類処理で家族を悩ませる心配ないでしょう。

テクノロジー01