死んだあとの手続き

死後の希望やそのための事務手続きなど。

行政官庁等への諸届事務

行政官庁への届け出を、資格を持った行政書士などに依頼する場合があります。あまり一般には知られていませんが、新車などを購入した場合に依頼していることがあります。依頼料などが諸経費の中に入っており、なかなか諸経費の内訳までは見ませんので、気が付かないことが多いようです。

諸届出で他に多いのは、道路工事の使用許可を行政官庁である警察署などに届け出る際に彼らに依頼することがあります。

なお、こうした行政官庁への届け出は、行政書士の資格を持っていないとしてはならないことになっていますが、中古車を購入した際などにその業者が資格も無いまま手続きをしていたりするなど、事実上黙殺されています。罰則等もあるようですが、適用されているケースを見かけることはあまりないのが実情です。

行政書士が代理として届け出ることができるものは意外に多いのですが、その届け出を代行できることまでしか許されていないので、その届け出が却下されたときなどにそれを不服として訴訟などを行うことは当然ですができません。弁護士のみが訴訟代理を行うことになります。
この行政書士は資格取得には前提となるものが無いため誰でも受験できることと、この資格を持っていれば社会保険労務士等の受験資格を得ることができるため、他の資格への登竜門のような位置付けになっています。

炎02