死んだあとの手続き

死後の希望やそのための事務手続きなど。

遺言書を作成し、死後の事務も含めて一切を遺言執行者にお願いした 遺言書を作成し、死後の事務も含めて一切を遺言執行者にお願いした はコメントを受け付けていません。

遺言書は主に財産の分配などについて指示するために作成するというイメージの強いものかもしれませんが、身寄りのいない方や家族・親族が遠方に住んでいる方などにとっては、死後の短期的な事務を行ってもらうために作成するという選択肢もあります。

死後の短期的な事務とは、葬儀・埋葬・永代供養などに関する事務や債務の弁済、貸借建物の明け渡しや敷金もしくは入居一時金などの受け取り、家財道具や生活用品の処分に関する事務などです。これらの事務手続きを代わりに行ってくれる家族や親族がいない場合には、あらかじめ遺言執行者を指定して事務手続きを委託しておくと安心です。

遺言執行者に死後の短期的な事務を委託することは死後事務委任契約と呼ばれています。通常、委任契約は委任者が死亡した時点で終了するものですが、委任者と受任者が委任者の死亡によっても委任契約を終了させない旨の合意をすることで、委任者の死後も契約内容を有効なものとすることができます。

死後事務委任契約は家族や親戚だけでなく、弁護士や司法書士、行政書士にお願いすることもできます。遺言執行者と同じ人物に依頼しておくこと様々な手続きがよりスムーズに行えるため、専門家と契約を結ぶ方も多くいます。

炎01

喪主となるべき者が高齢なので迷惑をかけたくない 喪主となるべき者が高齢なので迷惑をかけたくない はコメントを受け付けていません。

核家族化、高齢化にともない独居老人や孤独死のニュースが取りざたされる社会情勢のなか、死後事務委任契約が重要視されています。
身寄りがない方、親戚がいるが遠方であったり高齢であるという方、また夫婦二人住まいだが互いに高齢で葬儀の喪主をつとめるには荷が重いといったケースが多いからです。

通常、委任契約というものは委任者の死亡をもって消滅しますが、この死後事務委任契約は委任者が死亡した際、委任者が受任者に短期的な死後の事務手続きを委任することができます。
また、相続の手続きとも異なるため遺言書の執行とは区別されます。具体的な事務手続きとしては、死亡届の提出、友人・知人への死亡の通知、葬儀・お墓の準備や手続き、遺品の処理、納骨・永代供養の事務、委任者の債務の整理などです。

これは公的なものではなく、当事者同士の契約になるため、生前に契約書を交わして必要経費を渡しておくことが望ましいです。受任者に対して事務手続きの義務が生じるものではないことから、親族がいる場合には契約を結んでいても活用されないといったこともあり、なかにはトラブルになる事例もあります。
トラブルを回避するためにも、受任者や親族とは生前に死後の事務処理と必要経費について話し合いの場を設けておく必要があります。
テクノロジー01

死後事務委任契約が必要なとき 死後事務委任契約が必要なとき はコメントを受け付けていません。

人が亡くなった場合、葬儀を行う必要があるだけでなく、多くの事務手続きも発生することになります。

そうした死後の事務については、一般的には親族が引き受けることになりますが、身寄りがなかったり、親族と疎遠であるなど、手続きを任せることができないケースもあります。
そうした場合、生前に「死後事務委任契約」を結び、第三者に死後の事務について委任しておく必要があります。

委任契約というものは委任者が死亡すると契約が修了するのが原則となりますが、この死後の事務についての委任契約は、委任者の死後に、契約内容に基づいて受任者が代理人となって各種手続きを行うことができる特殊な契約となっています。
委任できる内容としては、葬儀の開催や納骨をはじめ、委任者の債務の弁済、家財道具などの整理、各役所への届出といった手続きが挙げられます。
なお、死後の事務を行う者がいない場合、火葬や納骨、行政上の手続きなど、自治体が処理を行ってくれる事務もありますが、周囲の人が費用を負担して行わなければならないものもあります。

例えば賃貸住宅に入居している人が亡くなった場合、死後の事務を行う者がいなければ、大家などが費用を負担して遺品整理を行うことになります。

死後に周囲の人間に負担を強いることはさまざまなトラブルの原因にもなり得るため、そういった事態に陥らないよう、生前のうちに死後の事務について委任しておく必要があります。
炎02

行政官庁等への諸届事務 行政官庁等への諸届事務 はコメントを受け付けていません。

行政官庁への届け出を、資格を持った行政書士などに依頼する場合があります。あまり一般には知られていませんが、新車などを購入した場合に依頼していることがあります。依頼料などが諸経費の中に入っており、なかなか諸経費の内訳までは見ませんので、気が付かないことが多いようです。

諸届出で他に多いのは、道路工事の使用許可を行政官庁である警察署などに届け出る際に彼らに依頼することがあります。

なお、こうした行政官庁への届け出は、行政書士の資格を持っていないとしてはならないことになっていますが、中古車を購入した際などにその業者が資格も無いまま手続きをしていたりするなど、事実上黙殺されています。罰則等もあるようですが、適用されているケースを見かけることはあまりないのが実情です。

行政書士が代理として届け出ることができるものは意外に多いのですが、その届け出を代行できることまでしか許されていないので、その届け出が却下されたときなどにそれを不服として訴訟などを行うことは当然ですができません。弁護士のみが訴訟代理を行うことになります。
この行政書士は資格取得には前提となるものが無いため誰でも受験できることと、この資格を持っていれば社会保険労務士等の受験資格を得ることができるため、他の資格への登竜門のような位置付けになっています。

炎02

医療費、老人ホーム利用料等の債務弁済 医療費、老人ホーム利用料等の債務弁済 はコメントを受け付けていません。

相続の財産と言う物は、全てがプラスな財産だけではなく、マイナス要因を持つ相続も有ります。 例えば、銀行などの金融機関からの借金、治療費や入院費用の未払い分、老人ホーム利用料等の債務弁済などです。

また、亡くなる直前に病院で治療を受けたり、入院をすることで医療費が発生します。 これは、亡くなった後の医療費は未払い分として債務が残る事になります。

因みに債務には保証債務と言う物が在ります。 これは、債務者が債務を履行しない場合、債務者の代わりに履行をすることを意味しており、一般的には保証人などがこの債務の支払いを行う事になります。 但し、相続の場合は相続人がこの保証を負担する事になります。

基本的に、保証債務と言う物は、債務控除の対象にはなりません。

保証債務と言うものは、保証債務を履行した際には、求償権の行使によって補てんされるからで、債務とは言えないからなのです。

しかし、これは債務者の弁済不能状態にあたるため、保証人が代わりに債務を履行しなければならない場合であり、尚且つ債務者に対して求償権を行使し、弁済を受ける見込みが無い場合などでは、弁済不能部分の金額は、債務控除の対象になると言う特徴があります。

街

委任事務でやってもらえること  委任事務でやってもらえること  はコメントを受け付けていません。

急速に進む高齢化の中で、将来訪れる老後の生活に不安を感じている人は多いのではないでしょうか。歳を重ねるごとに誰もが体力の衰えを感じますし、判断力も若い頃と比べて衰えてきます。歳を重ねて高齢者と呼ばれる年代になったときに、認知症を患い正常な判断を下せなくなってしまう人も少なからずいます。

私たちの日常生活の中では、さまざまな場面で適切な判断を下す場面が多々あります。しかし、認知症などによって的確な判断が下せなくなってしまった場合、思わぬところで不利益を被ってしまうケースもあるのです。

自分が将来、適切な判断を下せなくなった場合に備える手段として、任意後見人制度という制度が始められています。この制度では、自分が将来的確な判断ができなくなった場合に『誰に』『どのようなことを任せる』のかを自分自身で決めておくことができます。
そのときに選択した人物が、万が一、自分が適切な判断を下せなくなった場合に事前に契約しておいた内容を代理人として行なってくれるのです。

炎01

任意後見人制度を利用する場合、後見人と契約する内容に関しては制約がありません。そのため、自分が適切な判断力を下せなくなった場合に代理権を与える人物に任せる委任事務に関しては自分と代理人の権利を与える人物との話し合いで決定することになります。

不要になった生活用品の処分、葬儀・埋葬・永代供養までやってもらえる 不要になった生活用品の処分、葬儀・埋葬・永代供養までやってもらえる はコメントを受け付けていません。

自らの死後のことについて漠然的に考えたり思ったりすることが、一度はあるでしょう。 しかし自分の周りに家族やパートナーがいたり、信頼できる知人がいるからと頼りにしてあまり深くまで考えたりしないものです。 自分が亡くなったらどんな風に処理されてもかまわないと思っていても、人が一人亡くなるだけでもいろいろと処分や手続きなどやらなければならないことはたくさんあります。

死後の不安など抱えていても、単身の方や身内が頼りならないなど周りにお任せできるような人がいない場合もたくさんいらっしゃることでしょう。 しかも療養中であったり持病を抱えている場合は、余計に不安など多くなりがちです。 現在では生活用品の処分、葬儀・埋葬・永代供養までやってもらえる業者は存在しており天涯孤独だったとしてもお任せできることだってできるのです。 そのような契約を交わしておくだけでも安心感が違ってきますし、埋葬や永代供養までやってもらえるのであれば、自分の代で代々受け継がれてきた先祖にも罪悪感を抱く必要がないのです。 今を充実した人生を送るためにも、不安など少しでも取り除くことができることは大事ですし死後の処理のことを知っておくのは必要なことなのかもしれません。

}PgžxQ

債務の支払も委任できる 債務の支払も委任できる はコメントを受け付けていません。

人が死んだ後は残された人には沢山のやらなくてはいけない事が有りますが、葬儀や告別式等にかかった費用の支払や住んでいた部屋の家賃の精算や、市区役所での事務手続き、遺産の有る人は遺産分割協議による銀行や証券、不動産の名義変更等挙げたらキリが有りません。

それらの事務作業は通常は遺族がやらなくてはいけないのですが、本人が生前に弁護士や行政書士、税理士等に任せる公正証書を残している場合は弁護士等が行う事も可能ですし、遺族から任されると代理として行う事も可能です。最近では手続きが煩雑な為遺族も弁護士等プロフェッショナルに任せる事も多くなってきています。

事務手続きの中には死んだ本人が残した債務の支払等も有りますので、その様な作業も委任状を作成すれば事務手続きのプロに任せる事も可能です。
中には死後に発覚する債務も有りますので、まずは遺産相続開始前にそれらの債務が残っていないか調べる必要が有ります。これは遺族が調べるとしたらかなり大変な作業になりますので、事務のプロに任せた方が確実に素早く出来ますので最近では遺族や本人が任せるケースも多くなってきています。
これらの債務も財産と見なされますので、支払いが終わった時点で残った評価額が遺産の評価総額になります。

}PgžxQ

自らの死後において生じる事務(家賃や地代その他医療費等の支払など)を処理してもらうことを委任する契約 自らの死後において生じる事務(家賃や地代その他医療費等の支払など)を処理してもらうことを委任する契約 はコメントを受け付けていません。

身寄りがなく1人暮らしをしている年配の方や、家族親戚が遠方に居住している方は、自分の死後に生ずるさまざまなジム手続きについて不安になることもあるでしょう。そんな場合には、本人に代わって死後に発生するあらゆるジム手続きを代行してもらえるように死後事務委任契約公正証書を作成しておくことをおすすめします。

この公正証書に盛り込めるジム手続きの内容は、医療費などの支払いに関するもの、 家賃や地代・管理費等の支払いに関するもの、住居の敷金や保証金の支払いに関するもの、 老人ホームなど有料施設への支払いに関するもの、死後に執り行われるであろう通夜や告別式、それに伴う火葬や納骨、埋葬に関するもの、石建立に関するものなどさまざまなものがあります。
残された家族や親戚に供養の心配をかけたくない場合には永代供養について、財産分与に関して心配のある場合には相続財産管理人の選任申立手続などの処理も委任することができます。

さらには、自分の家にあった家財道具や生活用品の処分も行ってもらえるので家族に遺品整理やゴミ処理の心配をかけることもありません。行政官庁への手続きもプロの手によって滞りなく行ってもらえるので、難しい手続きや書類処理で家族を悩ませる心配ないでしょう。

テクノロジー01