死んだあとの手続き

死後の希望やそのための事務手続きなど。

死後事務委任契約って何?

死後事務委任契約とは、委任者が受任者に対し、自分の死後の葬式、供養等の事務を執行する代理権を授与する契約のことをいいます。
任意後見契約や財産管理契約は生存中の契約であり、自分の死後の事務まで処理してもらうことはできません。
民法上、委任契約は委任者の死亡によって終了してしまいますが、これは任意規定であり、当事者間で特別の定めをしておけば死後の事務処理であっても委任することができます。

委任や代理権の範囲は契約により様々なバリエーションが考えられます。
葬式や供養をはじめとして、生前の債務の弁済、親族関係への挨拶、墓地等様々な契約内容を盛り込むことができます。もっともメリットだけではなくデメリットもあります。

自分は既に死亡しているため事務処理者を有効に監視・監督することができず、予想外の事態が生じた場合柔軟に対応することができません。もちろん包括的な委任をすることもできますが、権限の逸脱濫用を招きやすいことに注意が必要です。自分に子供や親族がいない、又は疎遠になっている場合、死後の事務処理について不安を抱えている方にとって便利な契約であることは間違いないといえます。
任意後見契約や財産管理契約を締結する際に、併せて検討してみる価値があるといえます。

Šî–{ RGB